メキシコに暮らす

メキシコでの生活や仕事、スペイン語学習のことをつぶやきます

【メキシコのチップ事情 追記】チップをめぐるトラブルシューティング ~実体験から学んだトラブル回避方法

メキシコに関することを雑多にお届けしています。

 

先日、メキシコのチップ事情についてお話しさせていただきました。

 

sunana.hatenablog.com

 

 

前回記事を書いていて、今までチップがらみで遭ったゴタゴタの数々を思い出しました・・・。

 

そこで今回は、筆者が実際に体験した出来事をモデルケースに、その回避方法を考えていきたいと思います。

 

 

ケース1:「チップが少ない」ウェイターから苦情が・・・ 

 こちらは良くあるトラブルです。

レストランなど飲食店でのチップ料金は通常10%~15%。

 

実情として、「10%未満で払ってはいけない」という暗黙のマナーが根付いてしまっています。

 

友人たちとレストランで食事した時のことです。

 

チップ10%を計算して会計金額を現金で出し合ったところ、若干10%に届いていませんでした。

 

するとウェイターから一言。

「サービスに何か問題がありましたか?」

 

その真意は、「チップ少ないけど」ということはすぐに分かりました。

 

サービスの問題ではなかったので追加で出しましたが、なんとも後味の悪い終わり方となりました。

 

この時は遠まわしに言われましたが、

「チップが少ない」

「これは強制だ」

等々、強い感じで言われることもあります。

 

<反省と対策>

個人的に、慣習としてのチップを理解しています。

 

そのためよっぽどサービスが悪くない限り、10%以上になるように確認するようになりました。

 

ただチップ用の計算や小銭の用意は面倒なので、極力カードで支払い、決済時に10%追加してもらうことにしています。

 

そうすれば、ちょうど10%分をカード決算で払えるので手間が省けます。

 

因みにあるメキシコ人によると、

首都のメキシコシティでは地方よりもサービスの質が高く、

仮にチップを少なく払っても、店側からのクレームはほとんど無いということです。

 

一方で地方の街では「チップ当たり前」の傾向が強いです。

 

ケース2:15%のチップが強制?テイクアウト分にも・・・

ビジネス上での食事会にて。

 

事前に予約をして食事を終え、会社代表で支払いをしようとしたところ・・・

 

店側から何も聞かれることなく、15%のチップが勝手に会計に追加されていました。

 

しかも、別会計のテイクアウト15%が追加されている・・・

(余ったものではなく、別途で注文した料理)

 

「なんで?」と聞いたところ、

 

「予約テーブルは15%なんだ」と。

「テイクアウトもサービス料入るから」と。

 

予約の際にそんな話を聞いたわけでもないですが、強制的に会計にチップを追加されました。

 

ビジネスの場でもめたくなかったので、クレームを言うことなく払うこととなりました。

 

<反省と対策>

予約時に「チップいくら?」なんて普通聞きません・・・。

 

対策できることがあるとすれば、大切な取引先との食事の場合は利用経験のある飲食店にしてトラブルを回避すること。

 

もしくはトラブル覚悟で闘っても良いかと思います。

チップ当たり前とはいえ、これはウェイターのマナー違反。

店へクレームを入れるか、「チップは別払い」として1ペソだけ置くなどの対応ができます。

 

店側から色々言われることでしょうが、二度と来ないつもりであれば、それくらいの対応でも良いと思います。

 

ケース3:タクシー乗り場までの<付き添い>代?

メキシコシティのバスターミナルでの出来事です。

 

はるばるバスに揺られてメキシコシティのバスターミナルに到着。

市街地へ移動するため、ターミナル内にあるタクシーチケット窓口で購入しました。

 

するとチケット売り場の周りに、男性が数人ウロウロ。

 

(何かの客引きかな?)くらいに思っていました。

 

チケットを購入すると男性が近づいてきて、

「何番のタクシー?」と聞いてきました。

 

(あ、タクシー業者の人か)と思うと、

チケットを取られ、「案内します」と。

スーツケースを持ってタクシー乗り場まで連れて行ってくれました。

 

自分は無事タクシーに乗り込んだはいいものの、

ドアを閉めてくれない。

 

(ああ、そういうことか・・・こんなことでチップあげてらんないわ)

と無視していましたが、ドアに手をかけてずっと待っている男

 

迷うことないタクシー乗り場まで荷物を持って案内(15秒)するだけ。

という内容でした。

 

仕方なく、払いました。(確か10ペソ)

 

<反省と対策>

これは相手の作戦勝ち。

自分の脇が甘かったのが悪い。

 

そう、この国では頭が回らない方がとにかく損する仕組みです。

 

そもそも、タクシーチケットの窓口で怪しいなと思った時点で、警戒していなかったことを猛省しました。

 

「私担当です」みたいな感じで話しかけられて油断したこと。

チケットを取られてしまったこと。

スーツケースを預けてしまったこと。

少しでも警戒心があれば回避できた出来事でした。

 

対策としては、とにかく素性の良く分からない人間には警戒すること。

話しかけられても持ち物を気軽に渡さないこと。

バツが悪いけど、無視もしくは知ったかぶりするのも手です。

 

自分が外国人(しかも金持ちチャイニーズだと思われている)でターゲットになりやすいことは自覚して、できるだけ相手に嫌な思いをさせないように対応するのが良いです。

 

最近になってやっと笑顔でスルーする技術が身に付いて来ました。

 

ケース4:観光名所の<入り口>までご案内?

これも前述のケースと似ていますが、その当時の自分にとって珍事だったのでよく覚えています。

 

場所はとある観光地。

街の外れにある観光名所へ歩いて向かっていた時の事です。

 

あとはこの道を5分ほどまっすぐ行けば入り口というところでした。

 

ある親子に呼び止められ、

「私の息子が案内します!良かったら彼にチップをやってくださいね!」と言われました。

 

「いやいやいやいや、あとまっすぐ行くだけだし、分かるから大丈夫です!」

 

と言いましたが、ガン無視で前を歩いていく息子(推定10歳)。

 

ちょっと無理矢理すぎるなぁとは思いましたが、

結局、20ペソくらいあげてしまいました・・・

 

普段、子供にチップはあげないようにしています。

 

理由として、子供は大人よりも遥かに多くのチップをもらっています。

その結果、これで生きていけると勘違いして、学校に行かず働いてしまう(=チップを稼ぐ)子供がメキシコには多く存在しています。

 

しかし大人になると同じ事をしていてもお金をもらえる機会が極端に減ります。

働き盛りの20代から50代で、教育を受けておらず定職に就けないという悪循環となっています。

 

だから子供にお金は渡さない。

という筆者なりのポリシーがあるのです、一応。

 

今回はその場の雰囲気に負けて渡してしまいました。

 

日本には存在しないチップ制度。

こういった微妙な駆け引きするのに慣れるのは大変ですが、メキシコの習慣を理解しつつ、今後も対応していければと思います。

 

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

メキシコのジェルネイルとネイルサロン事情《 体験談 》

メキシコに関わることを雑多に綴っています。

 

本日のテーマは【ネイル】です。

 

最初にお伝えしておきます。


今回は、「日本のネイルアートのレベルってやっぱり高いのね」
という、日本の良さを再確認する回です。

 

筆者の場合、日本では20ヶ所以上のネイルサロンに通いましたが、
メキシコでは6ヶ所しか行ったことがありません。
しかもメキシコシティではなく、いち地方。


毎回ツッコミどころ満載で、いつかどこかでこの話をしたいと思っていました。

 

もちろん、レベルの高いネイリストさんもメキシコに沢山いると思います!
(特に都市部)

 
あくまでいち体験談としてお話しさせていただきます。

 

 

 

金額はどれくらいかかる?

筆者が行ったネイルサロンの金額をご紹介します。

 

平均で200ペソくらい(900円弱)

一色でも二色でもフレンチでも、オフがあってもなぜか同じ金額でした。


時間はどれくらいかかる?

メキシコは施術が速いです。
日本で2時間かかるところを30分で終わらせてくれます。

 

気軽に行けてすぐ帰れるのは利点。
違いは、やはり出来上がりの質。
日本ほど丁寧には塗ってくれません。

 

サービスの内容は日本と違う?

ずばり、違います。


素人でネイルの知識がほぼ0の筆者から見ても、施術の内容、手順、細かさが違うと感じます。

 

メキシコは基本、雑

甘皮処理なし
カットした爪の形がいびつ(自分でやったほうがマシなくらいな時も・・・)

オフはまだ固いのに無理やり剥がすので痛い

ジェルの塗り方が不均一

等々・・・

 

ストーン?アート?

一定の技術が必要な施術は、出来ない人が多いです。 

 

というかむしろ、日本のネイリストさん、ほぼ全員ができてしまうことがすごいなと思います。

 

衛生管理大丈夫?

爪カットで血が出ても気にせず、

施術時にマスクもしません。

 

また、日本ではジェルの本体から別の容器に少し出して、

消毒した筆を使ってジェルを塗っていると記憶しています。

 

メキシコは、ジェル本体に付いている筆で直塗り。

 

衛生面が心配です。感染とか・・・

 

どんなとこに行ってるんだと思われるかもしれませんが、一応その土地のお金持ちマダムが通うエステスパが併設されたネイルサロンに行ったりもしています。

 

ネイリストの資格

日本にはNPO法人によるJNAジェルネイル技能検定があります。

国家資格ではないものの、ネイルサロンに就職するにあたり技術・知識を証明できる大きな役割を担っています。

 

一方のメキシコ。

ネイリストの資格って存在するのか?

調べてみたところ、公式なネイリスト検定があるようです。

 

メキシコの公的職業資格であり、

EC0361 基礎レベル・EC0613 上級レベル

の2種類がありました。

 

いままで店の客層や内装で決めていましたが、

本来こういった資格で知識のあるネイリストさんを見極めるのが重要ですね。

 

今後ネイルサロンを選ぶ際の基準にしてみたいと思います。

 

メキシコのジェルネイルを写真で振り返る

実際に筆者がメキシコで施術してもらったジェルネイル。

当時の思い出とともに振り返りたいと思います。

 

※写真の爪・指が汚いです。お目汚しお許しください。


メキシコでは一色が主流

ジェルネイルをしているメキシコ人女性は多いです。
人気デザインは、シンプルな一色ネイル

 

グラデーション

グラデーションをお願いした際の写真がコチラ。

 

f:id:sunanamex:20200501205457j:plain

フレンチ風のグラデーションになりました。

白い花柄はアートでなくスタンピングです。

 

担当のネイリストさん、とても丁寧に仕上げてくれました。

しかし終わって早速、小指の爪にキズ発見・・・

 

日本の様に、仕上げ時にトップコートを厚塗りしないので

傷が目立ったり、爪先がはがれるのも早いです。

 

フレンチ

何度もトライしましたが、5回に4回は失敗します。
「フレンチ出来ない(技術面で)」と断られたこともあります。

 

こちらはとてもキレイに仕上げてくれた時の写真。

f:id:sunanamex:20200502181007j:plain

良いネイリストさんに当たりました。

 

しかしラメラインをお願いしたら、全然ラインにならなかったのでやめました。

ラメラインのないフレンチって、逆にキレイに仕上げるのが難しいと思うのですが・・・

 

「ラインとか普段やらないから難しい」

と言っていました。

 

交差フレンチ

ストーンとかアートができなくても、二色で公差フレンチにしたらちょっと豪華な見栄えになるかな?


と、思い切ってお願いしたことがあります。

 

因みにこちらは、日本で施術してもらった時の写真。

f:id:sunanamex:20200502112319j:plain

形も均一で綺麗に仕上げてくれたのでとても気に入っています。

この写真をメキシコのネイルサロンで見せて、

「こんな風にできる?」ときいたら、

「できるわよ」との回答!

 

その結果が、コチラ。

f:id:sunanamex:20200502112429j:plain

 

 完了前から、「エ・・?」と思ってはいました。

 

青、歪んでる・・・
指によって青の占有率が違う・・・
親指の斜めの角度おかしい・・・
ラメラインできないパターン・・・

 

冒険はしない方が良いなと思いました。


スタンピング

日本ではあまりみかけませんが、メキシコではよく使われます。


メキシコのスタンピングネイルを日本でオフしてもらった時に、日本のネイリストさんが

「昔流行ってましたね~懐かしい!日本人は器用だから描くほうが主流になったんだと思いますよ」

とのことでした。

 

個人的には、早くて出来上がりがキレイ、やり直しも簡単にできるのでよくお願いしています。

 

こんな感じ・・・

f:id:sunanamex:20200502114108j:plain

 

 スタンピングのデザインを選んで、ポリッシュを型に塗り込み、スタンパー(ゴム材の判子みたいなもの)でデザインを写し取って爪にオンするだけ。

 

気に入らなければリムーバーで簡単に拭き取れます。

OKなら上にジェルを塗って硬化すれば、剥がれません。

 

フットネイル

フットネイルも何度かお願いしたことがありますが、毎回驚くこと。

 

オットマン(足のせソファ)でなく、

ネイリストさんの膝に自分の足を乗せて施術。

 

サディスト女王様バリの態勢で。

 

なんだか申し訳なくて落ち着きません。

 


これからメキシコでネイルサロンへ行く方へ

ここまでお話ししましたが、
もし機会があれば、メキシコでネイルサロンへ行かれることをお勧めします!

 

メキシコネイルの利点は、値段が安くて施術が早く終わるところ。

仮に毎週お願いしても、日本の1回分に届かないくらいです。


アドバイスできることがあるとすれば、

どこまでサービスに含まれているか?

事前確認が必要かと思います。


甘皮処理など・・・含まれていない場合、別途対応してくれるか?その料金は?


等々、何をどこまでやってくれるつもりなのかを事前に聞いておきましょう。

 

個人的なお勧めはスタンピングです。

失敗が少なく、早く・綺麗に仕上がるし、見た目も栄えます。

型もいろいろあるので選ぶのが楽しいです。

 

また繰り返しになりますが、

筆者はいち田舎町で限られたネイルサロンでしか経験がありません。

 

メキシコにもレベルの高いネイリストさんが沢山いらっしゃいますので、ご自分に合う良いネイリストさんを探してみて下さい!


以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

【メキシコのチップ相場】どの場面で・いくら払えばいいの?

メキシコに関することを雑多に綴っています。

 

本日のテーマは『チップ』です。

 

メキシコはチップ文化の根付いた国であり、中にはチップのみで生計を立てている人もいます。

 

スペイン語ではPropina(プロピーナ)と言い、あらゆる場面でチップを支払う必要がでてきます。

 

チップ制度のない日本人にとっては戸惑うことが多くあります。

 

ここでは、筆者がメキシコで生活するにあたり、

「どのような場面でいくらのチップを払っているか?」

 筆者の体験や個人的意見を含めてレポートさせていただきます。

 

参考:1メキシコペソ=4.4円(2020年4月29日現在)

 

 

 

 

 

食事処で

◆ レストラン・カフェテリア(会計金額の10~15%)

f:id:sunanamex:20200429144812j:plain

 

飲食店でのチップは10~15%と言われています。

 

と言われると、

「で、結局どっちで払えばいいの?!」

と混乱されることと思います。

 

いち地方都市に住む筆者の経験上ですが、

実際には10%が多いと感じます。

 

特別なケースの場合は15%払うこともあります。例えば・・・

「すごく良いサービスだった!」

「こちらが迷惑をかけてしまった」

「個室を予約した」

等々です。

 

サービスが悪かったら払わなくても良いのか?

レストランに関しては、「満足しないからチップなし」は基本NGです。

理由は、「サービスの対価」ではなく、「マナーとして払う」ことになってしまっているからです。

 

日本人には納得しがたいシステムですが、メキシコでは文化として根付いてしまっているのが実情です。

 

とはいえ、

最悪のサービスを受けた場合は、払う必要はありません。

(上記と矛盾しますが・・・)

もしくはクレーム代わりの意思表示として、「1ペソだけ置く」

といった対応を取っても良いんです。

(その場合は、ウェイターとの喧嘩覚悟で)

 

チップの支払方法は?

チップの支払い方法とタイミングは以下の通りです。

 

《現金払いの場合》

1. 会計を済ませた後、チップ分を現金のみテーブルに置く。

 

2. 会計トレイにチップ分を含めて現金をおきます。

 お釣りを受け取る必要がなければ、店員が確認する前に立ち去ってもOKです。

 

 《カード払いの場合》

1. カード決済にチップ分を含めて払う

 決済端末を渡される時に、「チップを●%入れて下さい」と伝えるだけです。

 

2. カード決済とは別に、現金でチップを払う

 チップを含まずにカード支払いし、チップ分は現金でテーブルにおきます。

 

◆ 個人経営の食堂(会計金額の10%)

少し迷うのがこのタイプの食事処。

メキシコには自宅の一部を改装して小さな食堂を開いているところが沢山あります。

 

筆者の場合、10%+α(お釣り端数)を払っています。

 

こういった場所は家族経営が多く、

その家のお母さんやおばあちゃんが家庭料理を出してくれます。

 

個人的に応援したい!という気持ちがあるので、ちょっと多めに置いています。

 

◆ 屋台・テイクアウト(必要なし)

基本チップは必要ありません。

 ただお会計する所にチップ箱が置いてあります。

 

「特別美味しかった!」

「対応が良かった!」

と思ったら、気持ち分(5~10ペソ、もしくはお釣り)のお金を入れても良いかと思います。

 

 

買い物する時に

◆ 袋詰め係りに(5ペソ)

スーパーのレジで支払いする際、日本では自身で袋詰めしますが、メキシコの場合、多くのレジに袋詰めする人がいます。

 

多くが年配者や子供です。

 

彼らはスーパーの従業員ではないため、給料は一切もらっていません。

 

つまり、チップだけで稼いでいるのです。

 

彼らへ渡す金額はケースバイケース。

 

個人的には、買い物点数が少ない場合はチップは必要ないと思っています。 

買い物量が多かった際に、5ペソほど渡しています。

 

・・・正直、必要のない仕事だと思います。

メキシコ人の「無理矢理どうにかして仕事を作る力」には脱帽です・・・

 

なお、現在はレジ袋の供給禁止となっており、それが今年に入ってかなりの食料品店で適用されています。

 

持参の袋に入れたり、袋なしでカートへそのまま入れることになり、彼らの仕事がなくなっているのが実情です。

 

 

車で移動する時に

車での移動時には、ことある毎にチップを払う場面が出てきます。

◆ 駐車場 (10ペソ)

まずは駐車時。

 

車の監視・誘導という名目でチップを期待されます。

また、買い物カートの片づけをしてくれることも。

値段は10ペソ程度

 

相手からチップを要求されることはあまりなく、一見ボランティアに見えます。

が、これもメキシコでは「仕事」のひとつです。

 

用事を済ませて立ち去る際に、運転席の窓からコインを渡すのが主流です。

 

◆ 洗車時(10~20ペソ)

メキシコでは自動洗車した後に、数人で車体の乾拭きや車内の掃除をしてくれるので、最後の受け渡しの際にチップを渡します。

 

個人的にはその仕事内容と時間からして、10ペソで良いと思っています。

・・・が、今までの彼らの反応を見ると、20ペソ欲しいんだろうなという印象です。

 

そのため、金額はその時の車の汚れ具合で決めています。

 

◆ ガソリンスタンド(10~20ペソ)

ガソリンスタンドも洗車同様の相場です。

 

激汚れの窓拭き、タイヤ点検など色々としてもらった場合は

「虫だらけのフロントガラス拭いてくれて・・・ありがとう!」

という気持ちで20ペソあげています。

 

◆ タクシー(必要なし)

タクシーの場合、チップは必要ありません

 

ただ、最近はUberで乗車した際にアプリ上での決済前に「チップを入れますか?」という質問があります。 

 

もちろん「なし」にしてもOK。

大きい荷物をお願いしたり、手間をかけたら払っても良いかと思います。

 

宿泊先で

f:id:sunanamex:20200429145115j:plain

 ホテルのランクにもよって変わってきますが、相場は以下の通りです。

◆ ベルボーイ(10ペソ)

ホテルの玄関から部屋まで荷物を運んでくれるベルボーイ。

部屋に着いた時にチップを渡すのが一般的です。

 

払いたくなければ、「自分で運ぶから大丈夫、ありがとう!」

と言えばOKです。

 

◆ ハウスキーピング(20ペソ)

ハウスキーパーさんへのチップとして、宿泊している部屋に置きます。

 

連泊の場合、チップを置いても受け取られずそのままのことがあります。

ベッド横のテーブルスタンドに「ありがとう!」とメッセージを添えてお金を置けば分かりやすいです。

 

オールインクルーシブの場合は払う必要あり?

それこそ全てのサービスが含まれて然るべきなので、本来は払う義務はありません。

ただ、実際はチップを期待されています。

 

筆者の場合は、対応が良い時や、長居しすぎたなと思った時に、チップを置くようにしています。

 

アドバイスとしては、2日以上滞在するのであればチップを置くことをお勧めします。

 

接客側も人間。やはりチップをくれる人には好印象を持ち、翌日のサービスも良くなるというものです・・・。

 

逆にチップを置かないことで、次回利用する時の対応がおざなりになると悲しい気持ちになります。

 

観光地で

f:id:sunanamex:20200429144416j:plain

観光地ではチップを渡す場面が多くあります。

 

◆ ツアーガイド(20ペソ~)

ツアー利用時や各観光施設でガイドさんに案内や説明をしてもらうことが良くあります。

 

中には、学生さんなどボランティアでガイドをしている方もいます。

 

金額はガイドの内容によりますが、大体20ペソ~で、ツアーの最後に渡しています。

 

家族や友人同士で金額を合わせて渡すこともあります。

(例えば、友達4人で旅行していたら、50ペソ札で払ったり・・・見栄えも◎)

 

◆ バス運転手(20ペソ~)

また、ホテルから目的地へ移動する際、無料のシャトルバスやバンが出ています。

 

筆者の感覚としては、大型のバスの場合、払う機会は少ないです。

 

ただ半日/日中ツアーなどで、長時間利用し、何度も乗り降りするようなバスの場合、最後にチップを払って「ありがとう」の気持ちを伝えるのが良いかなと思います。

 

◆ 公衆トイレ(5ペソ)

観光先でお手洗いに行きたくなった時・・・

公衆トイレに寄ることがありますが、ほとんどのトイレが有料(定額)です。

場所によっては金額が決まっておらず、チップを求められることがあります。

 

有料でも恐ろしく汚いトイレがある一方で、

無料でもキレイで水が流れ手を拭く紙まである時は、お掃除の人に感謝する意味でチップを手持ちの小銭(~5ペソくらい)払うことがあります。

 

観光地でチップを出し惜しみするのは無粋なの?

メキシコの観光地で働く人々。

基本給とは別に、チップを稼ぐことにより生活が成り立っている方が多いです。

 

 

「オールインクルーシブで値段高いけど全部込みだからと思って払ったんだ!」

という方は、もちろん支払う必要はないです。

 

ですが実際は、

「周りの人がみんなチップ出してるから・・・」

「この人、チップを待ってるのかな・・・」

払わざるを得ない雰囲気になります。

 

ですので、チップのことも考慮して、旅行の予算を事前に考えておくのが良いかと思います。

 

個人的には、せっかくの旅行に来てまでお金でもめたくないです。

そのため筆者の場合は、気持ちの良いサービスであれば払うようにしています。

 

 

 

おわりに

以上が、シチュエーション別のチップ相場でした。

 

繰り返しになりますが、メキシコのチップは強制ではなく、あくまでも「心づけ」

サービスが悪いのであれば、払う必要はありません。

 

ただし、サービスの質云々とは関係なく、チップという慣習があまりに根付いており、払うのが当たり前」になってしまっているため、払わない側が「ケチ」とか「教養がない」とみなされるのも事実です。

 

解決策としては、メキシコのチップ文化を理解した上で、自分なりのポリシーを作って対応する。

そうすることで、仮にチップが少ないと文句を言われても、割り切って後に引きずらないようにすることだと思います。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

*2020/05/05 チップトラブル体験談を追記しました。

ご参考まで・・・

sunana.hatenablog.com

 

【教科書では教えてくれないスペイン語】「お願い」のちょっと変わった言い方

本日は教科書に載っていないようなスペイン語をひとつご紹介したいと思います。

 

メキシコで、もしくはメキシコ人と話していて

「お願いします」

と言いたい時・・・

 

スペイン語では ”Por favor”(ポル ファボール)と言います。

英語でいうPleaseですね。

 

この”Por favor (ポル ファボール)”から派生した口語を3つご紹介します。

 

Porfa (ポルファ)

”Por favor (ポル ファボール)”の略語です。

 

”Por favor ”(ポル ファボール) が「お願いします。」という意味なら、

”Porfa”(ポルファ)は「お願い。」といった軽い感じです。

 

男女共にこのことばを使っているのを良く耳にします。

気軽に話せる相手に対して使うことが多いです。

 

 逆に、目上の人や知らない人に言うと失礼にあたります。

 

Porfi (ポルフィ

前述の”Porfa”(ポルファ)から派生したことばです。

 

若い女性がちょっとかわいい感じで使ったり、カップル間で言ったりします。

日本語だと「おねが~い」といったところでしょうか・・・

 

男性はほとんど使いません。

 

筆者も若くないですが、ちょっとお願いしたいなあって時に、ここぞとばかりに使います。

すると相手は大体お願いを聞いてくれる・・・というか断りにくくなる・・・気がします。

 

Porfis (ポルフィス)

ついでにこちらもご紹介しておきます。

 

前述の”Porfi” (ポルフィ)同様に使われ、ニュアンスも同じです。

 

いずれも文法的には誤っていますが、会話上で頻繁に使われることばです。

機会があれば使ってみて下さい!

 

薄い内容ですが本日は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

アエロメヒコ航空のチャイルドシート機内持ち込みについて《 実体験記録 》

メキシコに関することを雑多に綴っています。

先日、アエロメヒコについてお話しさせていただきました。

sunana.hatenablog.com

今回はその追加情報です。

以前、アエロメヒコでチャイルドシートを機内持ち込みしました。
事前にインターネットで調べた際に情報がなく困った記憶がありますので、ここに実体験を記録として残します。

実体験なんてどうでもいい!結論だけ教えろ!
という方は、
「結論として」へスキップくださいませ。

チャイルドシートの機内持ち込みってどういうこと?

2歳未満の乳幼児の場合、大人料金の10%+TAXを払えば搭乗することが可能です。

しかしその場合、1席多く利用できる訳ではなく、
自分の膝の上に座らせなければなりりません。

フライト時間の長いメキシコ-日本便。
子供を抱いたまま15時間弱は本当に大変です。

10kg未満ですとバシネットが使えますが、
10kgを過ぎる10ヶ月頃以降は使用できなくなります。
また、バシネットがある席が満席の場合もあります。

そんな時にお勧めなのが、
「子供用に1席確保する」方法。

1席分の子供料金はかかりますが、これによりチャイルドシートを持ち込み座らせることが可能になります。

まだ一人でお座りができない乳幼児を連れている場合にはお勧めの方法です。

アエロメヒコのホームページで調べてみた

チャイルドシート持ち込みについての対応は各航空会社で異なります。

というわけで、アエロメヒコの場合がどうなのか?

ホームページを調べてみました。

ご参考:
aeromexico.jp

結果:チャイルドシート持ち込みについての記載はありませんでした。

実体験記録

というわけで、実際に利用時に確認してみました。

予約時の対応

先ずは航空券の予約前に航空会社に聞いてみました。

返答は
『原則、不可』
『でもチェックイン時に交渉してみて』

とのこと。

もやもやしつつ当日を迎えます。

チェックイン時の対応

そしてフライト当日。

チェックインカウンターで聞いてみました。
『certificado があればOK』
とのこと。

チャイルドシートのcertificado (セルティフィカド)とは?

Certificado(セルティフィカド)とは、スペイン語で「認証」という意味。

安全基準に適合した型式認定のチャイルドシートでなければ機内で使用することができません。

日本、欧州、米国の各国の承認基準があり、航空会社によって適用されている基準は異なります。

アエロメヒコのチェックインカウンターで確認したところ、
『FAA(米国連邦航空局)認可のもの』
『もしくは同等の認証基準を満たしているもの』

とのことでした。

筆者の持っているチャイルドシートはECE(欧州)認定の製品でしたが、『それで良いよ』とOKをもらえました。

認定マークは製品本体にシールが貼られています。

f:id:sunanamex:20200424135012j:plain
チャイルドシートに貼られている認証マーク

搭乗時の対応

そしてついに搭乗。

搭乗ゲートで航空券2枚を提示。
念のためグランドスタッフのお兄さんに聞いてみると、
チャイルドシート?持ち込んで大丈夫だよ!』
とのコメント。

ヨシッ

顔にやけ気味でボーディング。

事前に予約していたのは最後列の中央。

チャイルドシートを取り付け、荷物を片付け、早々に着席。
離陸を待ちます。

すると、フライトアテンダントのリーダー的な人に声をかけられました。

『そのチャイルドシート、認証マーク ある?』

キタ!

『(筆者: 自信満々で) ありますよ』
と回答。

『ここの席ではチャイルドシートは使えないわよ。窓側でないと。』

『(筆者:) 、、、エッ?』

そう、筆者は知らなかったのです。

安全上の理由(非常時に妨げにならない様)から機内の窓側にしかチャイルドシートは使えないということに・・・

この時点で、チャイルドシート撤去を覚悟していました。

しかしここで助け舟が。

たまたま窓側が空いている席があり、そこに移動させてもらえることに。

移動後、窓側席にチャイルドシートを取り付け直し、その隣に筆者が座りました。

無事、チャイルドシートを利用できるまでに至ったのでした。

結論として

ごちゃごちゃ書きましたが、実体験をもとに導き出した本題の結論としては、

本題:
アエロメヒコでチャイルドシートを持ち込めるか?

回答:
認証マークがあり、窓側席を利用できれば使用可能。
ただしチェックイン時に確認を。場合によって交渉の必要あり。

でした!

実際はもっと多くのスタッフの方に質問してみたのですが、
あまり利用者がいないのか、詳細を知らない人が多くいました。
(ネット調べたり、上司に確認したりと、丁寧に対応はしてくれました。)

事前に知っておくと便利なこと

チャイルドシートの持ち込みを希望される方は、次の準備、確認をしておくと良いかと思います。

手持ちのチャイルドシートは認証品か確認する。

※認証品で無い場合は持ち込みができません。
チャイルドシートを貸し出してくれる航空会社を検討するのが良いかもしれません。因みにJALは貸し出しあり。ANAはなしです。

予約時にチャイルドシートを持ち込みしたいと伝えておく。

窓際の席を予約しておく

前述の通り、窓側に空席がなければ利用できません。


以上、筆者の実体験でした。
今後利用を考える方のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【メキシコ人とコカ・コーラ】消費量ダントツで世界一!その理由は?

メキシコに関するあれこれを雑多に綴っています。

 

メキシコではコカ・コーラの消費量が世界一とされています。

 

1人当たりの年間消費量は163L。

一日当たり450mlも飲んでいる計算となります。

 

f:id:sunanamex:20200421154352j:plain

棚一面にコカ・コーラ

 

 

 

なぜ消費量世界一になったのか?

水の代わりにコカ・コーラ

なぜ世界一コカ・コーラを飲まれる国となったのか?

 

コカ・コーラがメキシコで販売開始されたのは今から約100年前の1921年

 

以前のメキシコでは、水が現在よりも汚染されており、ボトル販売されているミネラルウォーターを購入する必要がありました。

 

しかしそのミネラルウォーターの値段が高く、より安価なコカ・コーラが飲料水代わりに飲み始められたのがきっかけです。

 

その後、水質は改善したものの、未だに習慣としてコカ・コーラを飲み続けている経緯があります。

どんな場面で飲むの?

家庭で

パーティで

あらゆる飲食店で

タコスの屋台で

会社で

ちょっと喉が渇いて・・・

 

日本でいうお茶や水があるところにコカ・コーラがあると思えば分かりやすいかと思います。

 

あらゆるシチュエーションでコカ・コーラを水分として摂取している。

 

これがメキシコのコカ・コーラ消費量が世界一たる理由になっているようです。

 

メキシコのコーラは 世界一美味しい?

メキシコのコーラは、本場アメリカよりも美味しい!

と言われています。

 

なぜか?

 

それはメキシコでのコーラ製造過程で使われる甘味料にあると言われています。

 

アメリカを含む多くの国では、甘味料に「コーンシロップ」を使用しているのに対し、

 

メキシコでは「砂糖(サトウキビ)」を使用しています。

 

これが美味しさの違いに起因しています。

 

本場アメリカでメキシコ産のコカ・コーラを逆輸入。

一部のコーラマニアに”Mexi-Coke"と呼ばれ好んで飲まれている程です。

 

この事実を以前からやんわり知っていた筆者。

ほとんどコカ・コーラは飲みませんが、たまに飲んだ時に、

「良く分かんないけど、まあ日本のより美味しいのね。うん、そんな気がする」

とか思っていました。

 

しかしよくよく調べてみたら、現在はメキシコ製造でも一部しかサトウキビを利用していないことが判明。

 

しかも瓶に限るため、自分が飲んでいたものはいわゆるMexi-Cokeでないことは確実。

味の分からない女であることが良く分かりました。

 

肥満大国メキシコ

成人の7割が肥満

OECDが2019年に発行した”The Heavy Burden of Obesity”によると、

15歳以上のメキシコ人の肥満率は72.5%

チリに次いで2番目に肥満率の高い国となります。

 

またOECDは肥満が国のGDP成長率に悪影響を及ぼすデータも公表。

メキシコは加盟国の中で最悪の-5.3%という結果でした。

 

この問題を受けて、政府は2014年より高カロリー食品への課税措置を打ち出し対策していますが、改善の兆しは見えていない状況です。

 

炭酸税に対しコカ・コーラ社は反論

メキシコ政府が2014年から導入した課税処置のひとつとして炭酸税」があります。

 

その内容は炭酸飲料1Lにつき1ペソ(約5円)を課税するというもの。

 

これに対し、コカ・コーラを含む炭酸飲料業界は反論。

 

当業界によると、メキシコ人の平均消費カロリーのうちソフトドリンクが占める割合は6%前後程度であるという調査結果を示しています。

 

確かにメキシコ人の肥満原因は食生活全般にあると思われ、

炭酸飲料はその一端に過ぎません。

 

・・・が、やはり他国に比べて摂取量が段違い。

この点を見直さなければ改善されないのでは?と思ってしまいます。

 

メキシコでは「Coca(コカ)ください」と言おう

ちなみにメキシコでコカ・コーラを注文したい時、

「コーラ」と言っても通じません。

 

メキシコ人は”Coca(コカ)”と言っています。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

日本・メキシコ間を子連れで飛ぶ ~アエロメヒコ航空を使うメリット&デメリット

メキシコに関することを雑多に綴っています。

日本から出張や旅行でメキシコへ行く方々から、
「アエロメヒコってどう?」
というご質問を良く受けます。

新型コロナの影響で、海外便が欠航&減便の最中。
誰が読むんだという感じですが・・・

いつか誰かが調べた時にお役に立つ日が来ることを願って、レポートします。


メキシコへの渡航方法

日本からメキシコへの渡航方法は、ざっくり2通りあります。

① 成田→ メキシコシティ→ メキシコ国内の各都市

② 成田→ アメリカ経由メキシコシティ or メキシコ国内の各都市

アエロメヒコとは?

メキシコ最大の航空会社。

日本は2006年より成田便が運航しており、成田ーメキシコシティのノンストップ便が毎日運航しています。

※2020年4月現在では新型コロナの影響で減便

アエロメヒコ便のメリット&デメリット

今回は多数ある選択肢の中で、アエロメヒコを利用するとどんなメリット/デメリットがあるのかをご紹介していきます。

ここでは以下を条件としています。

条件① 成田→メキシコ国内の地方都市へ行く場合(又はその逆ルート)
条件② 乳幼児を連れている場合

メリットは?

夜発の便

メキシコシティ→ 成田への便は夜中に出発します。

乳幼児を連れている場合は、アメリカ経由よりメキシコシティ経由を利用する方をお勧めします!

理由は・・・

① メキシコ時間の夜の間にフライトなので、子供が長い時間寝てくれる

② メキシコシティ空港は昼間は激混みだが、夜だと空港内が閑散としており過ごしやすい

受託荷物の保安検査が楽

成田→ メキシコシティに到着すると、受託荷物の保安検査が入ります。

メキシコの多くの空港では、ランダムに運のない人を選び、荷物を全てチェックされる仕組みとなっています。

なのですが・・・
メキシコシティを経由して地方都市へ乗り継ぐ場合、
受託荷物はダイレクトで最終目的地まで行くため、保安検査で手間取る心配がありません。

正確には、「本人は立会いせず、検査が行われている」のです。

荷物検査時に良くある、
「これは何だ!とスペイン語で質問攻めにされる」
「スーツケースを台の上に載せるよう言われる。重くて持ち上げられなくても助けてはくれない」
というわずらわしさからは解放されます。

※ただ、知らないうちに検査されるので、後から
「中身が無くなってる!」
というリスクはあるかもしれません。

アメリカのESTA・ビザ取得の必要がない

アメリカを経由することの難点といえば・・・
ESTA電子渡航認証システム)の取得。

乗り継ぎのみでもESTAが必須。
14USドルを払って申請手続きが必要となります。

また、メキシコ人はビザを取得していなければアメリカに入国ができません。

そのため、メキシコ人と一緒に移動する場合はメキシコシティ経由を利用する方が多いです。

デメリットは?

フライト時間が長い

成田⇔メキシコシティ便のデメリットとしては、とにかく飛行時間が長いことです。

成田→ メキシコシティは約13時間。
メキシコシティ→ 成田は14時間45分もかかります。

これは日本発着の便で最長時間のフライトとされています。

空港は常に大混雑

アメリカの地方都市も混んではいますが、
シティ空港の混雑・混乱ぶりは毎回憂鬱になります。

国内便の数時間遅れは当たり前。
搭乗口も頻繁に変更になるので、ターミナル内を行ったり来たりすることもしばしば。

乗り継ぎ便に搭乗する頃には疲労困憊・・・。

※ただし、前述した通りメキシコシティ→ 成田の場合は夜発なので空いています。

ANAと比べたらどうなの?

上記のメリットを読んで、
「シティ経由が良いかも!」と思った方、

「じゃ、ルートの同じANAと比べたらどうなの?」
という疑問が出てくるかとお察しします。

「絶対日系!絶対ANA!」
という日本人は多いと思います。

確かに、日系航空会社は日本語が通じ、ご飯は美味しく、邦画が見れて細かなサービスも行き渡っている・・・
筆者も正直できることならANAを利用したいです。

ですが、あえてここでは
「アエロメヒコを利用する際のメリット」
を挙げてみたいと思います。

乗り継ぎが楽

「国内便もアエロメヒコであれば」という条件つきになりますが、

メキシコシティ空港での乗り継ぎは同じターミナルになるので移動が早くて楽です。

ANA便の場合、
アエロメヒコとは別のターミナル発着となるため、
乗り継ぎの場合はモノレールかシャトルバスでの移動が必要となります。

受託荷物の一時受け取りがない

成田→ メキシコシティで乗り継ぎする際、ANAの場合はスーツケースを一度受け取り、保安検査をしなければなりません。

一方、アエロメヒコでは前述のとおり、ダイレクトで最終目的地まで運んでくれるので気が楽です。

スカイチームのマイルが貯まる

アエロメヒコはスカイチームに加盟しています。
スカイチームでマイルを貯めている」という方は、アエロメヒコを利用するのがお勧めです。

そのほかの情報

チャイルドシート利用について

2歳未満の子供の場合、
子供用に1席確保すれば、チャイルドシートを使用できる航空会社が多いです。

ですが、「アエロメヒコでは可能なのか?」
は同社のHP上に記載されていません。

筆者が以前利用した際は、交渉してみたら使用できました。

状況によって可否が変わる様ですので、予約時に確認することをお勧めします。

参考情報:
sunana.hatenablog.com


以上です、最後までお読みいただきありがとうございました。